Swift

Swift

【Swift】プロトコルについて

複数のクラスで同じメソッドを持つ場合、それぞれのクラスで同じメソッドを定義する必要がありますが、プロトコルを使えば、共通のインターフェースを定義することができ、コードの再利用性を高めることができます。 また、プロトコルにはプロパティやイニシャライザなど、メソッド以外の要素も含めることができます。 プロトコルを実装するには、クラスや構造体、列挙型の宣言の際に、プロトコル名をコロンで繋いで列挙するだけで実装することができます。
Swift

【Swift】型推論について

Swiftにおける型推論は、変数や定数の宣言時に型を明示しなくても、Swiftコンパイラが式から自動的に型を推論する機能です。
Swift

【Swift】辞書型(Dictionary)について

Swiftにおける辞書型は、複数の値をキーとともに保存するためのコレクションです。辞書型の要素は、キーと値のペアで構成されます。Swiftでは、Dictionaryという名前で辞書型を実装しています。
Swift

【Swift】配列(Array)操作について

Swiftにおいて、配列は非常に重要なデータ構造のひとつです。配列には複数の要素を格納することができ、それぞれの要素にはインデックスを用いてアクセスすることができます。Swiftには、配列に対して様々な操作を行うための機能が用意されています。
Swift

【Swift】URLSessionについて

アプリは 1 つ以上のURLSessionインスタンスを作成し、それぞれが関連するデータ転送タスクのグループを調整します。たとえば、Web ブラウザーを作成している場合、アプリはタブまたはウィンドウごとに 1 つのセッションを作成するか、インタラクティブな使用のために 1 つのセッションを作成し、バックグラウンド ダウンロード用に別のセッションを作成することがあります。各セッション内で、アプリは一連のタスクを追加します。各タスクは、特定の URL に対する要求を表します (必要に応じて HTTP リダイレクトに従います)。
Swift

【Swift】クロージャーの使い方

クロージャーは、関数を変数のように扱うことができる機能であり、関数を引数として渡すことや、関数から戻り値として返すことができます。
Swift

【Swift】関数(function)を定義する方法

関数は、ある特定の処理をまとめたブロックのことです。プログラムの中で何度も使い回される処理を関数化することで、コードの重複を避け、可読性や保守性を高めることができます。 関数は、入力値を受け取り、処理を実行し、出力値を返すことができます。また、入力値や出力値が必要ない場合は、省略することもできます。
Swift

【Swift】オプショナルバインディングの使い方

オプショナルバインディングを使うことで、オプショナル変数に値が含まれているかどうかをチェックし、値が含まれている場合にのみ値を取り出すことができます。本記事では、オプショナルバインディングの使い方とコード例について解説します。
Swift

【Swift】SwiftでのdidSetの使い方とコード例

プロパティが変更された後に実行されるコードブロックを提供します。 これは、プロパティの変更に対する応答として、カスタムコードを実行するために使用されます。
Swift

【Swift】スプラッシュ画面の表示方法

スプラッシュ画面とは、アプリが起動する際に表示される最初の画面のことです。 アプリのブランディングやロゴ、起動中のロード状況を表示することが一般的です。 今回はLaunchScreen.storyboardで作成する方法をまとめました。