トップページ

App development

【Flutter】mobx_codegenでコードを生成する
mobx_codegenは、DartとFlutterのためのコード生成ライブラリです。 このライブラリを使用すると、@observable、@computed、@actionといったアノテーションをコードに追加でき、MobXをより簡単に利用できます。
【Flutter】built_collectionについて
built_collectionは、Dart言語用の不変コレクションを提供するパッケージです。
【Flutter】android_intent_plusでインテントを利用する
android_intent_plusは、FlutterアプリケーションからAndroidプラットフォームで任意のインテントを起動するためのプラグインです。
【Flutter】reduxパッケージについて
reduxは、DartとFlutterアプリケーションのための予測可能な状態コンテナです。 ジェネリクスを使用して型付けされた状態を管理し、豊富なエコシステムを提供します。
【Flutter】battery_plusでバッテリーにアクセス
battery_plusは、アプリが実行されているデバイスのバッテリーに関する様々な情報にアクセスするためのFlutterプラグインです。 バッテリーレベルの取得、バッテリー状態の監視、バッテリーセーブモードの確認などが可能になります。
【Flutter】flutter_rust_bridgeでメモリセーフなバインディングを生成
flutter_rust_bridgeは、Flutter/DartとRustの間で高レベルでメモリセーフなバインディングを生成するパッケージです。
【Flutter】charactersで文字操作
characters パッケージは、ユーザーが認識する文字、つまり Unicode (拡張)グラフェメクラスタ としての文字列を扱うためのものです。 Dartの String クラスではなく、Characters クラスを使うことで、文字単位での操作が可能になります。これにより、合成文字や絵文字を分割してしまうリスクがなくなります。
【Flutter】cloud_functionsでCloud Functions APIを使う
cloud_functionsは、FlutterアプリケーションからFirebaseのCloud Functions APIを使用するためのプラグインです。

Swift・SwiftUI

【Apple】APNsの連携に必要な設定(p12証明書方式)
iOS Developer Programの登録は有料であり、Appleへの料金が発生します。 詳細はAppleのページをご覧ください。 以下では、iOS Developer Program登録後の手順について説明していきます。
【SwiftUI】コピペ用 Swift UIコンポーネント
コピペで使えるSwift UIのコンポーネントを用意しました。
【SwiftUI】Stackについてまとめてみた
SwiftUIでは、Stackはビューを水平(HStack)、垂直(VStack)、またはグリッド(ZStack)に配置および整理するための多目的なコンテナです。これはユーザーインターフェースを構築するための基本的なレイアウト構造です。
【Swift】やらざるを得ない俺
俺はやるぞ!
【Apple】Apple Developer Programに登録した
Apple Developer Programに加入すれば、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVの各App Storeで、世界中のユーザーとつながることができます。メンバーシップには、Appの開発と配信に必要なすべてのツール、リソース、サポートが含まれています。また、ベータ版ソフトウェア、Appサービス、テストツール、Appアナリティクスなども利用可能です。
【Swift】DateFormatterで日本時間を表示する
DateFormatterは、DateオブジェクトとStringオブジェクトの間で相互変換を行うために使用されるクラスです。
【Swift】初心者向けXcodeショートカット
キーボードの特定のキーの組み合わせで、Xcodeの機能を素早く呼び出すことができる方法です。ショートカットを使うことで、より効率的にコーディング作業を行うことができます。Xcodeには多数のショートカットが用意されており、開発者が独自のショートカットを設定することもできます。
【Swift】NavigationBarについて
iOSアプリの画面上部にあるバーで、アプリ内でのナビゲーションを管理するために使用されます。Navigation Barには、タイトルやボタンなどのコンポーネントを追加することができます。Swiftでは、UINavigationControllerを使用してNavigation Barを実装します。

Flutter

【Flutter】mobx_codegenでコードを生成する
mobx_codegenは、DartとFlutterのためのコード生成ライブラリです。 このライブラリを使用すると、@observable、@computed、@actionといったアノテーションをコードに追加でき、MobXをより簡単に利用できます。
【Flutter】built_collectionについて
built_collectionは、Dart言語用の不変コレクションを提供するパッケージです。
【Flutter】android_intent_plusでインテントを利用する
android_intent_plusは、FlutterアプリケーションからAndroidプラットフォームで任意のインテントを起動するためのプラグインです。
【Flutter】reduxパッケージについて
reduxは、DartとFlutterアプリケーションのための予測可能な状態コンテナです。 ジェネリクスを使用して型付けされた状態を管理し、豊富なエコシステムを提供します。
【Flutter】battery_plusでバッテリーにアクセス
battery_plusは、アプリが実行されているデバイスのバッテリーに関する様々な情報にアクセスするためのFlutterプラグインです。 バッテリーレベルの取得、バッテリー状態の監視、バッテリーセーブモードの確認などが可能になります。
【Flutter】flutter_rust_bridgeでメモリセーフなバインディングを生成
flutter_rust_bridgeは、Flutter/DartとRustの間で高レベルでメモリセーフなバインディングを生成するパッケージです。
【Flutter】charactersで文字操作
characters パッケージは、ユーザーが認識する文字、つまり Unicode (拡張)グラフェメクラスタ としての文字列を扱うためのものです。 Dartの String クラスではなく、Characters クラスを使うことで、文字単位での操作が可能になります。これにより、合成文字や絵文字を分割してしまうリスクがなくなります。
【Flutter】cloud_functionsでCloud Functions APIを使う
cloud_functionsは、FlutterアプリケーションからFirebaseのCloud Functions APIを使用するためのプラグインです。

New Arrivals

【Flutter】mobx_codegenでコードを生成する
mobx_codegenは、DartとFlutterのためのコード生成ライブラリです。 このライブラリを使用すると、@observable、@computed、@actionといったアノテーションをコードに追加でき、MobXをより簡単に利用できます。
【Flutter】built_collectionについて
built_collectionは、Dart言語用の不変コレクションを提供するパッケージです。
【Flutter】android_intent_plusでインテントを利用する
android_intent_plusは、FlutterアプリケーションからAndroidプラットフォームで任意のインテントを起動するためのプラグインです。
【Flutter】reduxパッケージについて
reduxは、DartとFlutterアプリケーションのための予測可能な状態コンテナです。 ジェネリクスを使用して型付けされた状態を管理し、豊富なエコシステムを提供します。
【Flutter】battery_plusでバッテリーにアクセス
battery_plusは、アプリが実行されているデバイスのバッテリーに関する様々な情報にアクセスするためのFlutterプラグインです。 バッテリーレベルの取得、バッテリー状態の監視、バッテリーセーブモードの確認などが可能になります。
【Flutter】flutter_rust_bridgeでメモリセーフなバインディングを生成
flutter_rust_bridgeは、Flutter/DartとRustの間で高レベルでメモリセーフなバインディングを生成するパッケージです。
【Flutter】charactersで文字操作
characters パッケージは、ユーザーが認識する文字、つまり Unicode (拡張)グラフェメクラスタ としての文字列を扱うためのものです。 Dartの String クラスではなく、Characters クラスを使うことで、文字単位での操作が可能になります。これにより、合成文字や絵文字を分割してしまうリスクがなくなります。
【Flutter】cloud_functionsでCloud Functions APIを使う
cloud_functionsは、FlutterアプリケーションからFirebaseのCloud Functions APIを使用するためのプラグインです。

Flutter Widget

Flutterで学び、問題を解くことができる革新的なアプリが登場しました!Flutter Widgetは、魅力的なユーザーインターフェースと高度な機能を備えた問題解決アプリです。自由な学習スタイルでFlutterをマスターし、リアルタイムで問題にチャレンジしましょう。

Web Propose

営業・PM必見!webをアプリに埋め込む際の動作説明をこれ一つで簡単に行える!

タイトルとURLをコピーしました