【SwiftUI】スプラッシュ画面の表示方法

SwiftUI

参考

SwiftUIでスプラッシュ画面を実装する方法(iOS) - Qiita
はじめにSwiftUIでスプラッシュ画面を実装する方法を紹介します。環境OS:macOS Big Sur 11.3Xcode:12.5 (12E262)Swift:5.4スプラッシュ画面…
[SwiftUI]起動画面(スプラッシュ画面)を設定する方法
SwiftUIではinfo.plistで簡単にアプリの起動画面(スプラッシュ画面)を設定できます。サンプルアプリへの実装例をまとめました。
reona.dev
reona.dev は Next.js + Vercel によって作成されています。プログラミングに関する学びや日々の出来事を発信するウェブサイトです。

以下記載は現バージョンでうまく動かないようです。(確認中)

LaunchScreenを作成する

プロジェクトのファイルに「LaunchScreen.swift」という名前の新しいファイルを作成します。

作成した「LaunchScreen.swift」ファイルに、次のようなコードを記述します。

import SwiftUI

struct LaunchScreen: View {

    var body: some View {

        // スプラッシュ画面のデザインを記述する

        Text("スプラッシュ画面")

    }

}

struct LaunchScreen_Previews: PreviewProvider {

    static var previews: some View {

        LaunchScreen()

    }

}

スプラッシュ画面のデザインを「body」内に記述します。

例えば、上記のコードでは「Text(“スプラッシュ画面”)」というテキストを表示しています。

プロジェクトの「Info.plist」ファイルを開き、以下のように「Launch screen」に「LaunchScreen」という名前を指定します。

<key>UILaunchStoryboardName</key>

<string>LaunchScreen</string>

これで、スプラッシュ画面が表示されるようになります。

スプラッシュ画面のデザインをカスタマイズする場合は、適宜「LaunchScreen.swift」ファイル内のコードを変更してください。

Buy me a coffee!

SwiftUIアプリ開発
シェアする
sogaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました